キャリアオイルの使い方と種類

キャリアオイルの使い方と種類

アロマテラピーで香りの効果を十分に実感すると、肌から成分を吸収させて、もっと効果的に使いたくなりますよね。

 

ここで必要になるのが、植物性のオイルです。

 

オイルなら何でも良いのではなく、植物から抽出させたエッセンシャルオイルの浸透を高め、また効果をパワーアップさせるには植物性のオイルが必要なのです。

 

そこで使用するオイルの種類も挙げていきましょう。スウィートアーモンドオイル、ホホバオイル、オリーブオイルこの3つが多く使われています。

 

スウィートアーモンドオイル、ホホバオイル、オリーブオイル

 

使い心地としてはスウィートアーモンドオイルは赤ちゃんの肌にも使えるほど、肌に刺激がなく、つるりとしたつけ心地は気持ちいいものです。

 

ホホバオイルは皮脂に似た構造のオイルで非常に肌なじみが良く、また保湿効果も高いので、好まれています。少々高くなりますが、精製していないオイルの方が、肌をしっとりと若返らせてくれます。

 

オリーブオイルはおなじみですね。非常に肌への浸透性が高く、また血行の悪い肌の血流をアップさせてくれる効果もあります。使うのは食用のものではなく、薬局などで販売されている医療用がおすすめです。

 

これらのキャリアオイルにエッセンシャルオイルを混ぜて使うのですが、肌のコンディションやタイプで使い分けることをおすすめします。

 

スウィートアーモンドオイルはあらゆる肌に合う利点があります。乾燥が激しい肌にはホホバオイルのほうがいいかもしれませんね。

 

オリーブオイルは肌の衰えが気になる方におすすめです。 なおこのキャリアオイルもきちんと保管しないと、酸化して、逆に肌にダメージをおこしてしまいます。少量を買い、早めに使い切るようにするといいでしょう。

 

 

キャリアオイルの使い方と種類関連ページ

アロマオイルの使い方
こちらでは、アロマオイルの使い方について紹介しています。良い香りというのはそれだけでリラックスできるものですよね。 アロマテラピーはその効果だけではなく、鼻の粘膜から使用している香りの成分が吸収され、また肌にも浸透し、効果を本格的にあらわすものなのです。 そこでついアロマオイルというよりも、その原液を嗅ぐ方が効果的なのでは?とお考えになる方もいるかもしれません。
エッセンシャルオイルの使い方
こちらでは、エッセンシャルオイルの使い方について紹介しています。アロマテラピーに欠かすことができないのは、植物の成分を凝縮させたエッセンシャルオイルです。これを選ぶ際にはコツがあります。 ラベルに「ピュア」「ナチュラル」「オーガニック」という表示を確認するのです。輸入品であれば、かなりの目安になります。
エッセンシャルオイルの選び方
こちらでは、エッセンシャルオイルの選び方について紹介しています。アロマテラピーを実践したいと思っても、自分でオリジナルブレンドのエッセンシャルオイルを作るのは、なかなか難しいことです。 とはいっても、ある意味、自分の好みの香りと自分のコンディションの悩みが把握できていれば、単体をキャリアオイルで希釈して使うことができますよね。