アロマオイルの使い方

アロマオイルの使い方

良い香りというのはそれだけでリラックスできるものですよね。

 

アロマテラピーはその効果だけではなく、鼻の粘膜から使用している香りの成分が吸収され、また肌にも浸透し、効果を本格的にあらわすものなのです。

 

そこでついアロマオイルというよりも、その原液を嗅ぐ方が効果的なのでは?とお考えになる方もいるかもしれません。

 

実はこれは間違い。 アロマオイルの原液はきちんと薄めなければ、効果が出てくれません。つまり原液のままでは強過ぎてしまうというわけです。効果を出すためには希釈して精油(エッセンシャルオイル)することが必要になってくるのです。

 

ところがマッサージで肌からなじませて効果を出すためには、さらに希釈させなければ、肌がかぶれてしまうこともあるので、注意が必要です。キャリアオイルはその名の通り、アロマオイル自体を体内や肌に運ぶために使うオイルです。

 

多くの場合は香りが少なく、しかも肌になじみが良く、保湿効果の高いものが使われています。

 

一般的に使われているのはさらっとしたつけ心地であることと無臭であること、保湿効果が高く、どのような肌タイプの方にもなじみやすく、なめらかさを出してくれることから>ホホバオイルが多く用いられています。

 

 

アロマオイルは基本的には薄めて使うもの

 

 

またスィートアーモンドオイルも無臭で、天然のビタミン類が豊富で肌を生き生きとよみがえらせるので、多く使われています。

 

このようにアロマオイルは基本的には薄めて使うもの。原液のままで使えるのは、本当のキャリアを重ねているプロだけです。なおわずか1滴で目覚ましい効果があるのが、アロマテラピーです。

 

まず最初に使うときは、その香りが自分の好みになっているかどうかのチェックも重要です。

 

そして実際に使うときはごく1滴を。それだけでも実は心地良い効果が出て着てくれるのです。

 

 

アロマオイルの使い方関連ページ

キャリアオイルの使い方と種類
こちらでは、キャリアオイルの使い方と種類について紹介しています。アロマテラピーで香りの効果を十分に実感すると、肌から成分を吸収させて、もっと効果的に使いたくなりますよね。 ここで必要になるのが、植物性のオイルです。
エッセンシャルオイルの使い方
こちらでは、エッセンシャルオイルの使い方について紹介しています。アロマテラピーに欠かすことができないのは、植物の成分を凝縮させたエッセンシャルオイルです。これを選ぶ際にはコツがあります。 ラベルに「ピュア」「ナチュラル」「オーガニック」という表示を確認するのです。輸入品であれば、かなりの目安になります。
エッセンシャルオイルの選び方
こちらでは、エッセンシャルオイルの選び方について紹介しています。アロマテラピーを実践したいと思っても、自分でオリジナルブレンドのエッセンシャルオイルを作るのは、なかなか難しいことです。 とはいっても、ある意味、自分の好みの香りと自分のコンディションの悩みが把握できていれば、単体をキャリアオイルで希釈して使うことができますよね。