アロマテラピーでの肌トラブル

アロマテラピーでの肌トラブル

アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルの香りは本当に心地良いものです。

 

そこで失敗しやすいのは、適量を守らないことで起こるトラブルです。 たとえばローズの香りが好みと言う方がいます。

 

ローズには保湿効果もあり、美肌には欠かせません。また精神的にもリラックスさせてくれるので、人気があるのも不思議ではありません。 そこでアロマポットで焚くより、肌からもローズの成分を吸収できるように、バスタブに入れて使う方法を行ったとしましょう。

 

ここで大好きなローズなのだから、たくさん入れたら、もっと効果が出てくる、と考えても不思議ではありません。 何といっても嗅いでいて飽きない香りなのですから。

 

そこでたっぷりとエッセンシャルオイルを落とす、というより流しこんで、バスタブに浸かると、香りが強くなり過ぎて、具合が悪くなってしまうのです。

 

それほど香りが凝縮されているので、適量を守らないと、香りに負けてしまうのです。

 

そのままつけられるものはティートゥリーとラベンダーだけ

 

これは肌にキャリアオイルを使って、マッサージしながら、成分を浸透させるときも同じことです。レモンやオレンジのような爽やかな香りのもので、しかもやせる効果の高いものも、肌に刺激が起こり、真っ赤になってしまうリスクがあるのです。

 

つまりそのままつけられるものはティートゥリーとラベンダーだけなのです。

 

それ以外のものはきちんと希釈して使わなければなりません。アロマテラピーはよく「癒し」などと優しく、しかも刺激がない、というイメージがありますが、実は強烈な効果を持っているのです。

 

そこで使う前には適量を確認し、きちんとキャリアオイルで希釈して使いましょう。 そのほうがキャリアオイルの成分も肌に浸透し、さらに効果がアップするのです。

 

アロマテラピーでの肌トラブル関連ページ

アロマテラピーの注意点
こちらでは、アロマテラピーの注意点について紹介しています。多くの方に親しんでいただきたいアロマテラピーですが、やはり注意しなければならないこともあります。 妊娠初期の香りに過敏になっているときはおすすめできません。エッセンシャルオイルの性質の中には子宮を収縮させる働きのものも数多くあります。
妊娠中のアロマテラピーの注意点
こちらでは、妊娠中のアロマテラピーの注意点について紹介しています。妊娠中は非常に女性の体はデリケートになっています。 それは胎内に赤ちゃんを宿しているということで、体全体のホルモンバランスに大きな変化があるからなのです。体調に狂いも起こりやすくなってきますし、精神的に不安定になる方も少なくはありません。
生理中のアロマテラピーの注意点
こちらでは、生理中のアロマテラピーの注意点について紹介しています。もちろん婦人科医の先生がおっしゃることに間違いもないのですが、アロマテラピーで少しずつ生理にまつわる不快感や悩み、症状を緩和させることもおすすめなのです。 たとえば著しくホルモンバランスが崩れ、体調も精神状態も崩す傾向にある方は、クラリセージが効果的です。