アロマテラピーの注意点

アロマテラピーの注意点

多くの方に親しんでいただきたいアロマテラピーですが、やはり注意しなければならないこともあります。 妊娠初期の香りに過敏になっているときはおすすめできません。

 

エッセンシャルオイルの性質の中には子宮を収縮させる働きのものも数多くあります。

 

妊娠していないときであれば、子宮の働きをスムーズにするために使いますが、子宮にいる赤ちゃんを安定させなければならない時期には使うことが危険なのです。

 

確かに妊娠中におすすめのエッセンシャルオイルもありますが、香りに過敏になっているこの時期では逆効果にもなりかねません。 そこでこの時期だけは妊娠線ができないように、キャリアオイルだけでお腹をマッサージしたり、むくみ解消に足をマッサージするほうが良いのです。

 

またこんな症状や悩みにはこの香り、というものがあります。 しかし実際にかいでみると、その香りが気に入らない場合もありますよね。 「絶対に効果があるはず」と嫌いな香りなのに、強引にエッセンシャルオイルを使うのも危険なのです。

 

香りが気に入らなければ、体は無意識に拒否反応を示します。逆にストレスになってしまうのです。

 

 

自分がこの香りを好んでいるか

 

 

すると有効成分が体に吸収されません。 そのためにアロマエステなどでは、かならず香りを確認していただいてから、施術に入るのです。香りの好みは色々あります。

 

注意したいのは「自分がこの香りを好んでいるか」ということです。 心地良く感じる香りであれば、効果が次第に出てきます。好みではない香りだと感じたら、使用はストップしましょう。

 

そのために自分の抱えている症状や悩みに効果のある香りでも、シンプルに「好きな香り」か「嫌いな香り」か、を判断しましょう。 効果のあるエッセンシャルオイルは他にもあります。違う香りで同じ効果を持つものもあるからです。

 

 

アロマテラピーの注意点関連ページ

アロマテラピーでの肌トラブル
こちらでは、アロマテラピーでの肌トラブルについて紹介しています。アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルの香りは本当に心地良いものです。 そこで失敗しやすいのは、適量を守らないことで起こるトラブルです。たとえばローズの香りが好みと言う方がいます。ローズには保湿効果もあり、美肌には欠かせません。また精神的にもリラックスさせてくれるので、人気があるのも不思議ではありません。
妊娠中のアロマテラピーの注意点
こちらでは、妊娠中のアロマテラピーの注意点について紹介しています。妊娠中は非常に女性の体はデリケートになっています。 それは胎内に赤ちゃんを宿しているということで、体全体のホルモンバランスに大きな変化があるからなのです。体調に狂いも起こりやすくなってきますし、精神的に不安定になる方も少なくはありません。
生理中のアロマテラピーの注意点
こちらでは、生理中のアロマテラピーの注意点について紹介しています。もちろん婦人科医の先生がおっしゃることに間違いもないのですが、アロマテラピーで少しずつ生理にまつわる不快感や悩み、症状を緩和させることもおすすめなのです。 たとえば著しくホルモンバランスが崩れ、体調も精神状態も崩す傾向にある方は、クラリセージが効果的です。